特集 SALE

新規会員登録で割引クーポンプレゼント中会員登録はこちら ▶

0

特集

季節の保存食 「梅のスパイシーシロップと梅おやつ」
料理/美味しいおくりもの
季節の保存食 「梅のスパイシーシロップと梅おやつ」
2018.06.28

入梅が近くなると、都会の街でも青い実をつけた梅の木を見つけることができます。
梨のように爽やかで甘い香りの青梅は、さまざまな形で楽しむことができる万能な果実です。たとえばまろやかな香りが楽しめる味噌漬け、ポン酢のような酸味のあるしょうゆ漬け、我が家ではなにかと薬のように扱っている梅肉エキス、そして梅酒や梅ブランデー。
なかでもおすすめなのは、生姜やハーブなどを一緒に漬け込んだ梅シロップです。
お砂糖を少なめにするぶん、香りづけのハーブやスパイスで大人な味に仕上げます。






無農薬で育てられた青梅には特に、表面に虫くい穴があったり、斑点ができているものがありますが、どんな梅でもおいしいシロップができあがりますので、気にせず漬けましょう。



ポイント
・青梅を購入したら、作業の日まで冷蔵庫で保存し、熟さないうちに漬けましょう。
・甘味料は、上白糖、氷砂糖、甜菜糖、黒糖、きび砂糖、メープルシロップなどさまざまなものがありますから、できあがりの味や色合いなどで好みのもので漬けてください。
・瓶や使う調理器具、手などをしっかり消毒してカビの繁殖を防ぎましょう。
・瓶に漬け込んだら、早く砂糖が溶けるよう瓶を転がします。早く溶けると失敗がありません。




〔梅のスパイシーシロップ〕
材料 4リットル瓶
青梅…1kg
レモン…1個
新生姜…10cm程度のかたまり
甜菜糖…500g
クローブ…5粒
シナモンスティック…2本
黒胡椒…10粒
八角…2個
ローズマリー…15cm程度のもの3本




つくりかた
1)青梅は、へたをとってたっぷりの水で洗い、ペーパータオルなどでしっかりと水分を拭く。
2)レモンは皮をむいて輪切りに、新生姜は皮をむいてスライスしておく。
3)ホワイトリカーなどで消毒した瓶に、青梅、甜菜糖、スパイス、レモン、生姜、ローズマリーを入れて、直射日光のあたらない場所に置いておく。
4)砂糖がまんべんなく溶けるよう、毎日気がついたときに、瓶を斜めに倒しながらごろごろと転がす。
5)すべての砂糖が溶けて梅がシロップに浸かり、梅の実がしわしわになったら、漉してシロップだけを保存瓶に入れる。









梅シロップができあがったら、それを使っておやつをつくります。
ひとつめは、辛口の白ワインと梅シロップを使ったグラニテ。アルコールが入っているので、苦手な人は煮出してアルコール分を飛ばしてから使いましょう。
もうひとつは、シロップと梅の実を使ったあんこでつくる、冷たいぜんざい。梅の酸味がさっぱりとしていて、暑い夏にぴったりのおやつです。









〔白ワインと梅のグラニテ〕
材料 4人分
白ワイン(辛口)…100g
梅シロップ…100g
水…150g
生クリーム…100cc
甜菜糖…7g
ペパーミント…5g




つくりかた
1)ホーローバットに白ワインと梅シロップ、水を入れて、冷凍庫で3時間以上冷やす。
2)生クリームに甜菜糖を入れてツノが立つまでホイップし、みじん切りにしたペパーミントを混ぜる。
3)凍った1をフォークで削りながら器に入れ、2のミントクリームを添える。






ペパーミントはミントのなかでもすっとした清涼感が強く、しっかりとした香りが楽しめます。混ぜすぎると生クリームがぼそぼそしてしまうので、さっと混ぜる程度にしておきましょう。







〔梅あんの冷やしぜんざい〕
材料 4人分
小豆…50g
梅の実…7〜8個
梅シロップ…大さじ2
米粉…100g
絹ごし豆腐…100g




つくりかた
1)小豆をたっぷりの水で煮て、豆が潰れるくらい柔らかくなったら、梅の実を入れて一緒に煮る。
2)梅の実を潰しながらほぐして種をとり、シロップを入れて味を整えて、冷蔵庫でしっかり冷やす。
3)米粉と絹ごし豆腐をボウルの中で練って、耳たぶくらいのかたさにしたら丸める。熱湯でおだんごを茹で、浮き上がってきたら冷水にとる。
4)2と3を器に盛る。





しわしわの梅の実も、身をほぐしながらあんに混ぜていきます。梅の実は、口さみしいときキャンディのように食べるのもおすすめ。




梅は、疲労回復や食欲増進に役立つ有機酸やビタミンが豊富です。
徐々に暑くなる夏に向けてからだを整えるため、我が家ではちょこちょこと梅が活躍しはじめます。
体調管理に気をつけて、楽しい夏をすごしてください。




掲載商品は下記リンクより詳細をご覧いただけます。

ピオニー柄のエプロン
冷やしぜんざいを入れたタンブラー


 

撮影/山本雅世





吉川愛歩

吉川愛歩(よしかわあゆみ)
ライターときどき料理人。2歳男子と10歳女子の母。書籍や雑誌、webなどで執筆する傍ら、子どものアレルギーをとおしてグルテンフリーやヴィーガンを学び、からだにやさしいレシピ考案やケータリングをしている。

カテゴリー