MENU
ONLINE
STORE

HANAE MORI (ハナエモリ)

ENGLISH

NEWS

2015年7月 ARCHIVE

Archive0707.png
Archive07072.png
Archive07073.png
                                                        

 ハナエモリ・アソシエイツのプレスルーム入り口には、パリ・オートクチュールコレクション時代のドレスを季節ごとにディスプレイしています。 この夏は、きれいなスカイブルーのショートドレスと、星柄をはめ込んだレースにレイヤードのロングドレス、そして鮮やかなブルーのバラのドレスを着せました。 正面の2体はいずれも20年前の春夏コレクションのドレスですが、時代と共に色あせることのない不滅の、究極の手仕事です。 後ろのブルーのドレスにおいても10年以上前の作品から。。。 先月まで島根県立石見美術館で開催された「森英恵ー仕事とスタイル」にて展示された作品を、夏の間だけプレスルームに飾ることにしました。 編集関係の方が来社されると、しばしマネキンの前でひと針ひと針の手作業を食い入るように眺めていらっしゃる姿が、とても印象的です。

THE RUNWAY OF HANAE MORIー "黒柳徹子さんが語る森英恵"

The Runway.png
2014年、ハナエモリブランド60周年記念のハイライトとして、去る10月13日(月・祝)メルセデスベンツ・ファッションウイークのオープニングを飾って、「HANAE MORI DESIGNED BY YU AMATSU」のファッションショーが開催されました。 新世代のための新世代デザイナー天津憂氏による「New HANAE MORI Style」のデビューランウェイです。
そして、このランウエイを記念して、「繋ぐ」をテーマにクリエイター箭内道彦氏と、長年森先生と親交のある黒柳徹子さんによる対談が実現、その模様を収録した映像をホームページにてご覧いただけることとなりました。

1970年代初頭、演劇の勉強でニューヨークに滞在されていた黒柳徹子さんは、ニューヨークで初めてファッションショーを行うことになった森先生と出会ったそうです。 その後、ホワイトハウスの晩餐会に招待された黒柳徹子さんは、女性ゲストの多くがハナエモリのイブニングドレスを着ているのを目の当たりにして、とても誇らしく嬉しかったと話されています。
男性中心の社会であった当時、女性デザイナーとして活躍されていた森先生の姿とその多大なるご苦労など、黒柳徹子さんならではの視点で語られています。

13分程の映像ですが、これまで森先生ご自身では語られることのなかった歴史の一旦を、ぜひお聴きください。




1
Facebook