MENU
ONLINE
STORE

HANAE MORI (ハナエモリ)

ENGLISH

NEWS

2015年5月 ARCHIVE

PRECIOUS 6月号ー「上品きれい」な夏の休日スタイル

Precious0507 Cover.png
0507TU3-4.png
0507TU3-4.png
5月7日発売のプレシャス6月号では、ハナエモリの上質素材でリラックスした休日のスタイルを提案。

コットンブロードのAラインチュニックにデニムをあわせた軽快な夏の装いと、表情豊かなダブルジャカード編みのトップスとカーディガンを重ね合わせた、どちらもピュアホワイトの爽やかなカジュアルスタイル。       また、夏の陽射しにも映える発色の、上質な極細リネン糸を使用したターコイズブルーのカーディガンを白の上下にあわせて清涼感もアップ。ハナエモリでは珍しい、ネイビーとグリーンのオリジナルリーフ柄を大胆にプリントしたワンピースは、ストレッチピケで着心地も抜群。 避暑地でもオフィスでも、遊び心に満ちたきれい色の着こなしを紹介しています。
 
IMG_0144.JPG
Tape cut.jpg
IMG_0143.JPG
IMG_0162.JPG
IMG_0184.JPG
IMG_0136.JPG4月18日(土)より森先生の故郷である島根県、石見美術館にて「森英恵ー仕事とスタイル」展が開催されています。 前日17日にはプレスや美術・島根県関係者が招待されてテープカットと内覧会が行われました。
またこの日、溝口島根県知事より森先生へ県功労者彰が授与されました。  会場には、石見美術館へ寄贈されている60年代のアーカイブドレスを始めとして40点余りのオートクチュールドレスの他、映画全盛期に携わった石原裕次郎氏の「狂った果実」着用のアロハシャツや浅丘ルリ子さん、吉永小百合さん着用のスーツやドレス、またオペラの舞台衣裳や企業の制服、オリンピックユニフォームなど、これまで実際に見ることのできなかった貴重な衣裳も数多く展示されています。

会期中には、50年代の映画上映会や、ニューヨーク進出用に制作されたプロモーションフィルムなども上映されていて森先生の偉業を改めて感じる必見の展覧会となっています。

また、石見美術館は、全国でも珍しい美術館と劇場が一体となっている芸術文化センター「グラントワ」内にあり、石見地方で生産されている石州瓦という赤い粘土瓦で建てられている、美しく素敵な美術館です。

会期は6月8日(月)まで、お近くへおいでの際は、ぜひ一度おでかけください。

1
Facebook