特集 SALE

新規会員登録で割引クーポンプレゼント中会員登録はこちら ▶

0

  1. HOME
  2. 特集
  3. 花/彩りのおくりもの
  4. 春を告げるクリスマスローズ

特集

春を告げるクリスマスローズ
花/彩りのおくりもの
春を告げるクリスマスローズ
2020.03.03

凍てつく寒さがまだ残る晩冬の庭に、一足早く春を告げる花はクリスマスローズ。
その可憐な姿に近年は人気が急上昇。
園芸家だけではなく多くの人々に愛されています。

クリスマスローズには多くの種類や色がありますが、意外にも
花びらのように見える部分は、実は花びらではなくガク。
本当の花びらはおしべの周りに小さくついています。

 

 

セミダブルクリームイエローカップ咲き(ページトップおよび上写真 ローザンベリー提供)


全体が花びらに見える可愛らしい姿のまま、1ヵ月以上も楽しむことができるのも
クリスマスローズの魅力の一つです。


ブラックダブル多弁新花(ローザンベリー提供)

 

最近ではガーデニングでの楽しみの他に、切り花としても種類や出荷量が
増えてきました。
そのせいもあり、お花業界でも人気が上がっています。

さて、この花がなぜ「クリスマスローズ(クリスマスのバラ)」と呼ばれるのでしょうか。
それは、花言葉の一つである「いたわり」の由来と思われるロマンティックな物語が
あるからです。

イエス・キリストが誕生した時のこと。
誕生のお祝いに、羊飼いたちと一緒にマデロンという貧しい少女が駆けつけました。
人々が次々と贈り物をする中、マデロンは何も贈るものがないと涙を流します。
舞い降りた天使がそれを見て、マデロンの涙が落ちた地面に触れると、
そこには、涙の種からクリスマスローズの花が咲いたといわれています。
この物語は、クリスマスローズの頭を垂らした花姿に重なるとして、
ヨーロッパでは広く知られているそうです。

 

 

 

 

クリスマスローズもそうですが、スノードロップやスミレなどの春の花には、
うつむき加減に咲くものが多く見られます。
そのため、花瓶に生けたり、アレンジメントには難しいと思われています。
素敵に見せるコツは、無理やり上を向かそうとしないこと。
野にあるがままの自然の姿を楽しみましょう。

 

 

 

 

 

ステム(脚)の高いグラスや、コンポートなどの高さのある器を選ぶと、
簡単に美しく飾ることができます。
また、控えめな姿からどんな花とも相性が良いのも魅力の一つ。
クリスマスローズを足すだけで春の息吹が漂い、周りに穏やかな空間を作ります。

 

 

 

 

他に「追憶」「私を忘れないで」という花言葉を持つクリスマスローズは、
古代ヨーロッパでは戦地へ向かう騎士に贈った花とか。
そして驚く事に「中傷」という花言葉もあり、これは根に毒があることに
由来しているそうです。

いろいろな花言葉を持つクリスマスローズは奥深いですね。
そんなクリスマスローズに力を入れて、珍しい株をたくさん育てている
イングリッシュガーデンに行ってきました。

 

 

 

 

イギリス製のアンティークなレンガやロートアイアンなどのガーデンオブジェと
植物の織りなす7つのエリアから構成されている「ローザンベリー多和田」の広大なガーデン。
ちょうど、フクジュソウの蕾やスノードロップが咲く山野草エリアで
黒や八重の変わったクリスマスローズを見ることが出来ました。

 

 

 

 

毎年開催される「クリスマスローズフェア」は多くの方々が楽しみにされているようで、
園芸研究家の本家 幸大氏による「クリスマスローズ ワークショップ」も開催されます。
他にもバラやシャガのエリアなど、季節に合わせた様々な植物が楽しめます。
お子さんに嬉しい「ひつじのショーン」のリアルワールドやレストラン、ショップなども
併設されたおすすめのガーデンです。
よろしければ、ぜひ足を伸ばして見てください。

 

 

 

 

~五感で感じる自然の癒し~『 ENGLISH GARDEN ローザンベリー多和田』
〒521-0081 滋賀県米原市多和田605-10
tel .0749-54-2323/fax.0749-54-2229

 

鬼頭郁子

旬を取り入れた花とテーブルの教室は主婦からプロまで幅広く支持され、全国から生徒が通う。
サロン主宰やスペシャリストを目指す方も多く、多数の教室主宰者を輩出、その育成にも力を入れる。
トップブランドのコーディネートやプロモーションに関わるなど、多くの企業の花や食文化に関するセミナーをおこなっている。
著書「上質な暮らしの提案-アールドヴィーヴルを楽しむ10のアプローチ」(講談社)他多数。
銀座にてリモージュ磁器「アビランド」日本公式販売店

http://musee.co.jp/

カテゴリー