特集 SALE

新規会員登録で割引クーポンプレゼント中会員登録はこちら ▶

0

  1. イースターのうさぎとたまご

特集

イースターのうさぎとたまご
花/彩りのおくりもの
イースターのうさぎとたまご
2019.03.22

イースターは日本語に訳すと「復活祭」。
キリスト教においては重要な祭日です。
この時期はイースターにピッタリの可愛らしい春の花が溢れますので、
私も毎年イースター向けのアレンジメントやテーブルコーディネートを楽しんでいます。

3月になるとカラフルに彩られたイースターエッグをご覧になる方も多いと思います。
卵は生命の誕生を意味することが由来です。






イースターエッグを生んだのはうさぎであるとも言われていて、
うさぎは子供をたくさん生むことから、豊かな生命や豊穣、繁栄の象徴とされています。
イースターエッグと共にヨーロッパの店先で売られるのは、うさぎをかたどったチョコレートなど。
お祝いで集まった家族や友人たちがプレゼントとして交換します。
飾られているイースターエッグはチョコレートで出来ているものが多く、
子供たちは大人が隠したエッグを見つけ出す「エッグハント」という遊びをします。



 

 


以前、フランス大使公邸のお庭でのイースターイベントに参加しました。
フランス商工会議所主催でしたので、日本に住んでいるフランス人家族が多かったのですが、
バスケットに詰まったランチやお菓子を手に大人たちは芝生でのんびりピクニック。
子供たちはエッグハントに駆け回っていてとても楽しいイベントでした。
 
フランスでは、イースターは特に大切なイベントのようです。
昨年はフランスのチョコレートメーカーさんの依頼で「フランスのイースターを楽しむテーブルコーディネート」
を作らせていただきました。

 

 

 

家族や親しい友人を招いて、イースターチョコレートを食べながらアフタヌーンティーを
楽しむというシーンを想定しました。
紅茶もチョコレートに合わせて複数の茶葉をご用意。
ゲストに好きなように楽しんでもらうイメージです。

 


 

大人のチョコレートを楽しむティーテーブルはエレガントにしました。
オリーブの木にリボンや羽をあしらい、フェイクエッグはパステル系にして軽やかさと甘さをアップさせました。
お花はブルーのヒヤシンスや紫のパンジーなど。





そして、子供のテーブルはイースターエッグなどを作って遊べる、可愛く元気なコーディネートにしました。
 
 
イースターの日付は、春分の日の後の「最初の満月から数えて最初の日曜日」と定められていて、
クリスマスとは異なり毎年日付が変わります。
2019年の今年は4月21日です。
 
ちなみにイースターのシンボルカラーは紫、緑、白だそうです。
紫は忠実さや、富や、豊かさ(Royalty, wealth, luxury)を意味し、緑は新しい人生 (New life)を。
それから白は純白や純潔 (Purity and holiness)を意味しているそうです。
 
今年のイースターには紫や白のお花と一緒に、イースターエッグを飾ってみてはいかがでしょうか?

 

鬼頭郁子

旬を取り入れた花とテーブルの教室は主婦からプロまで幅広く支持され、全国から生徒が通う。
サロン主宰やスペシャリストを目指す方も多く、多数の教室主宰者を輩出、その育成にも力を入れる。
トップブランドのコーディネートやプロモーションに関わるなど、多くの企業の花や食文化に関するセミナーをおこなっている。
著書「上質な暮らしの提案-アールドヴィーヴルを楽しむ10のアプローチ」(講談社)他多数。
銀座にてリモージュ磁器「アビランド」日本公式販売店

http://musee.co.jp/

カテゴリー