MENU
ONLINE
STORE

HANAE MORI (ハナエモリ)

NEWS

2014年12月 ARCHIVE

                                        
Bungeishunnju201501Cover.png

Bungeishunnju 1501.png

月刊文芸春秋 2015年新年号では、戦後70年を振り返ってというテーマで、これまでの巻頭グラビアで連載された「日本の笑顔」で登場された方々から21名を厳選し、改めて「日本の笑顔」として紹介。 森先生は、1972年6月号で紹介された当時の記事で再登場されました。

取材された1972年頃は、アメリカへ進出され多忙を極めていた頃。 記事の中で、"オペラ「蝶々夫人」の描かれ方が哀れでみっともなく、悔しかったから、だからあえて蝶をデザインのシンボルに用いた"、と語られています。そして欧米で評判になり、「マダム・バタフライ」と呼ばれ有名人になった時期です。

また、「"自分はいつも「日本の女」であることを意識して今日まで歩いてきた"とも話されています。

笑顔がとてもチャーミングです!






 
















precious1207 Cover.pngPrecious1207 1p.png          


















12月7日売り、新春1月号のプレシャスにて、ハナエモリのエレガントな真っ赤なコートが 紹介されました。(280p) 誌面からもその素材の上質さが感じられるほどの大人色の艶やかな赤は、冬の寒さを忘れさせてくれるような温もりを感じます。 
1
Facebook